守山区のカードでお金

守山区のカードでお金はショッピング枠現金化ネット申し込み

こちらのページでは、守山区にてカードでお金を調達できる人気の現金化サービスを安心してご利用できるよう「申し込みのしやすさ(方法の多様さ)」「申し込みから振り込みまでにかかる時間」「還元率(キャッシュバック率)」等から総合的に評価した現金化業者の優良ランキング1~3位を発表しています。いずれもリンク先の公式サイトから24時間いつでも問い合わせ・お申し込みが可能ですので、カードでお金を調達できる安全で確実な方法として参考になさってください。

ゴールドラッシュ

カード お金 守山区

≪選ばれるポイント≫
◎年中無休で24時間365日受付
◎他者に負けない高還元率
◎最短10分で送金可能

○他社で断られたカードも使用可能
○申し込み金額に制限なし
○ご本名義のカードであれば無審査
カード お金 守山区

 

ギフトクレジット

カード お金 ネット 守山区

≪選ばれるポイント≫
◎有名サイトに優良店と認定
◎初めての利用は30分で対応
◎お手続き完了後5分で送金

○家賃支払いでの利用者多数
○女性スタッフ対応も可能
○比較サイトでランキング一位
カード お金 ネット 守山区

 

換金クレジット

カード お金 即日 守山区

≪選ばれるポイント≫
◎換金率最大96%で業界No.1
◎これまでカードトラブル0件
◎ダイナースやアメックスにも対応

○申し込みから最短5分で送金
○スタッフの受付対応がスムーズ
○口座により24時間365日振込み可能
カード お金 即日 守山区

 

 

▼金融関連サービス例

 

・安楽時空
愛知県名古屋市守山区幸心2-1338

 

・タイホウ 守山店
愛知県名古屋市守山区森宮町36

 

・シダミセンター
愛知県名古屋市守山区大字下志段味字石米1231

 

・ジャンボ
愛知県名古屋市守山区苗代1-14-8

 

・株式会社玉越
愛知県名古屋市守山区白山4-1203

 

・千代田会館
愛知県名古屋市守山区小六町8-10

 

・ダイエー
愛知県名古屋市守山区藪田町1010

 

・コンコルド・守山店
愛知県名古屋市守山区西島町110
0527960333

 

・スロットコンコルド240店
愛知県名古屋市守山区西島町110
0527580777

 

・M&K
愛知県名古屋市守山区小幡南3-20-15

 

・マルハン 新守山駅前店
愛知県名古屋市守山区新守西1501

 

・井上質店
愛知県名古屋市守山区小幡1-10-7

 

・はせ川商行
愛知県名古屋市守山区四軒家2-105

 

・ホーネット
愛知県名古屋市守山区向台1-207

 

▼地域情報

 

守山区(もりやまく)は、名古屋市を構成する行政区16区のうちのひとつ。

 

●概要
名古屋の北東部に位置し、東濃や木曽などの山間部に最も近いため、緑豊かな自然が残る。政令指定都市である名古屋市内にあって、比較的安価で広めの敷地を確保しやすいことや、自然豊かな環境であることが注目を集め、区内、ほぼ全域で宅地開発が盛んになり、人口が増加し続けている。区の東西を横断するように名古屋鉄道瀬戸線が、南北を縦断するようにゆとりーとラインが走る。また、区の西側をJR中央線が通る。

 

●歴史
縄文海進によって、現在の名古屋市全域がほぼ海底にあった時代に、この地域は海岸沿いにあったため、太古から人が居住していたと考えられており、古代から数多くの古墳が残されている。中世は山田郡に属していたが、長く善光寺街道と瀬戸街道沿いに集落が点在する農村であった。守山の表記は近世にいたるまで統一されておらず、森山と表記することもあった。戦国時代には、守山城、小幡城、龍泉寺城などの城が存在し、小牧・長久手の戦いなどの舞台となった。守山城は、松平清康の森山(守山)崩れで知られている。

 

明治に入ると、現在の守山区の地域は、東春日井郡に属することとなった。1889年(明治22年)には、町村制の施行と同時に行なわれた合併により、高間村、二城村、小幡村、大森村の4村が発足した。そのころ、小幡ヶ原に名古屋鎮台の演習場が開設され、その後、1897年(明治30年)には、旧日本陸軍の駐屯地(現在の陸上自衛隊守山駐屯地)が誘致されると、宅地化が始まり、瀬戸線開通も加わって、旧守山町の区域に当たる瀬戸街道沿道の宅地化が進んだ。1906年(明治39年)には、高間村、二城村、小幡村、大森村の合併により守山町が、一時分立していた志段村と上志段味村の再合併により志段味村が発足した。

 

大正から昭和初期にかけては、宅地化の進展とともに、名古屋側の矢田川左岸に大規模な軍需工場が数多くあったことから、守山側の矢田川右岸には、機械部品の下請工場や工場従業員向けの住宅などが点在するようになった。小幡ヶ原には、名古屋飛行機学校の飛行場が存在した。

 

戦後は、守山町の瀬戸街道沿道を中心として、住宅開発が続き、名古屋のベッドタウン化が進行した。自治体としては、長く守山町と志段味村が並立していたが、町村合併促進の政策に従い、まず、守山町が志段味村を編入し、市制を施行して守山市となった。隣接する旭町(現・尾張旭市)との合併も検討されたが、1963年(昭和38年)には、守山市が名古屋市に編入合併され(名守合併)、名古屋市守山区となった。

 

これとは対照的に、旧志段味村の区域に当たる守山区北部の志段味地区および吉根地区は鉄道もなく、幹線道路整備が遅れ気味であったなど、都市基盤の整備が遅れていたことから、宅地化は進まず、農地と山林が広がっていた。しかし、2001年(平成13年)ゆとりーとラインが開通とともに、竜泉寺街道の拡幅や土地区画整理などの大型開発が進み、大型ショッピングセンターが進出するなど、宅地化が始まった。